2011年12月26日 | 湯之谷商工会 女性部

 

手書きの思い

  • 投稿者 : 若女将
  • 2011年12月26日 8:51 PM

こんばんは!宝巌堂 若女将です。

 

クリスマスイベントも終了。いよいよ年末まで押し迫ってきましたね。

25日までに年賀状を出さなくてはならない。。。のです。

が、

年賀状せっせと作成中です。

 

宝巌堂の年賀状は毎年約2.000枚。

文面は印刷屋さんに出しますが、

今年は宛名は手書き!!!

あるじとスタッフと私と、3人してせっせと書いています。

 

思い起こせば、

むかーし昔は、手書きでずっと書いていたなぁ。

だんだんできなくなって、というか、余裕がなくなって、

印刷にしてしまったけど、

手書きにこだわりのある私としては、

ちょっと悔しい思いだった。

そして、手書きしてると、

宿帳を見ながらお客さまを思い出せて、

すごくいい。

来年もお目にかかれるかなぁと、いろんなことを考える。

 

今年はシステム的にも不備があったので、思い切って手書き!を決断。

あと800枚!

何とかいけるだろう、いや、がんばろう!

元旦につかなかったらごめんなさい!

手書きに免じてどうかお許しください。

来年はがんばります!

ってか、鬼が大笑いですね。

いや、それもまたよし。

’笑う門には福来る!

これが今年の文面なのですから。

 

この言葉、

毎年私たち個人の年賀状には必ず書くという、

私のモットーです!

 

 

さて、

再開じゃ!